新鮮なコーヒー豆を全国へお届けする自家焙煎珈琲豆店パオコーヒーの通販サイト

トップページ新規会員登録マイページご利用案内買い物かごを見る
いりたてコーヒー豆通販パオコーヒー

200g、1kg単位のコーヒー豆2,000円以上お買い上げで本州・四国へのお届けが送料無料!



HOME > コーヒーコラム > コーヒーでがんと老化を防ぐクロロゲン酸の関連コラム


激安!ダークブレンド大人気 ジャーマンブレンドがお得!グルメなキリマンジャロAAがセール中!

季節限定ブレンド・カフェブルーム プーさんコラボのコーヒーグッズ


【コーヒーでがんと老化を防ぐクロロゲン酸の関連コラム】


コーヒーがガンの危険要素であるとする証拠は全くない
あるものの摂取とヒトのガンの発生に関係があるという場合、疫学調査研究と動物実験の双方に十分な証拠が必要です。 コーヒーの場合、疫学的証拠でも因果関係に一貫性がありません。
1970年代、コーヒーを飲むことと膀胱ガンの発生の間に係わり合いのあることが報告されました。しかし1985年以降の研究では、大規模な研究であるにもかかわらず、乳ガン、膀胱ガンを含めたガンの発生とコーヒーの飲用に相関関係が見いだされていません。動物実験では、ラットの肥料にインスタントコーヒーを5%入れて2年間与えたのですが、腫瘍は発生しませんでした。


老化の原因「活性酸素」を抑えるコーヒーの働き
現在、研究者の間で注目されているのが老化の予防とガンの予防。このふたつはどちらも関連があると言われています。
もともと細胞膜には脂質が多く含まれていますが、この脂質はとても酸化されやすい物質なのです。そして、その酸化の原因となっているのが活性酸素です。活性酸素は人間の体内にウイルスや細菌などの異物が入ると攻撃して排除しようとする良い面 も持っていますが、一方で非常に酸化する力が強く、活性酸素が多すぎると細胞膜などをも酸化してしまうという悪い面 も持っています。活性酸素が体のあちこちを攻撃することが、老化とガンの原因になっていると考えられています。
つまり、人間の体にはある程度の活性酸素が必要ですが多すぎるとよくないのです。そこで注目されているのがコーヒーの持つ効果 。コーヒーには活性酸素を消去する働きがありますから、食生活において、コーヒーを飲むことで活性酸素の量 をバランス良く調整する事ができれば老化やガンを間接的に予防することにつながると考えられます。


コーヒーの持つ、血液サラサラ効果

血液を詰まらせる直接の原因になるのが、血栓というたんぱく質の塊です。血栓が血管の中を巡り、心臓や脳の近くで詰まり、血液の流れをストップさせてしまうのです。
血栓は本来、血管が傷ついたり、出血が起こった時に固まって血を止める役目をするものです。役目を終えると血栓溶解酵素が働き、溶けてしまうはずなのですが、加齢やストレスによってこの酵素がうまく働かなくなることがあるのです。

倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科の須見教授は、コーヒーが血栓溶解酵素に与える影響について調べています。ヒトの細胞を使った実験では、t-PAという血栓溶解酵素を活性化させる物質を生成する細胞に、人工的に血栓を作り、そこにコーヒーの抽出液を加える実験が行われました。その結果 、血栓溶解酵素が活性化され、血栓が溶けるということがわかりました。
また、一連の実験の結果、特にコーヒー酸とクロロゲン酸という成分に、血栓溶解酵素を活性化する能力が高いことがわかっています。
(社団法人 全日本コーヒー協会発行の冊子より)



がんの元の発生を防ぐ、クロロゲン酸

人間の体の中で脂質が酸化してできた「過酸化脂質」は、老化やがんの原因になると考えられています。「歳をとればみんながんになる」などと言われることがありますが、それは老化もがんも過酸化脂質と密接な関係があるからです。
赤ワインや緑茶に含まれるポリフェノールががんを予防するとされているのは、脂質の酸化を抑える、つまり、体のサビ(老化)を予防するから。この働きを「抗酸化作用」といいますが、コーヒーにも強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種「クロロゲン酸」が含まれています。

過酸化脂質がなぜ、がんの原因になるのか?
それは過酸化脂質から発生するフリーラジカルという物質がDNAに影響を与え、突然変異のきっかけを作るからだと言われています。
和歌山県立医科大学科学教室(当時)の岩橋教授らは、実験により、コーヒーに含まれるクロロゲン酸がフリーラジカルの生成を阻害するという仕組みを明らかにしています。酸化の予防とフリーラジカルの生成の阻害という二重の防御壁で、コーヒーはがんを防いでいるわけです。
(社団法人 全日本コーヒー協会発行の冊子より)



コーヒーを飲む習慣がある人ほど、肝がんのリスクが低い

コーヒーとがんの関係について、人間を対象とした調査も行われています。
国立がんセンターがん予防・検診研究センター予防研究部の津金室長らは、約10年間にも及ぶ長い期間、40~60歳代の男女約9万人を追跡調査し、コーヒーを飲む習慣と肝がんの関係について調べています。
この結果、コーヒーを毎日飲むグループのリスクは、ほとんど飲まないグループの約半分に抑えられるという結果 が出ました。さらに1日に5杯以上飲むグループのリスクは、ほとんど飲まないグループの約4分の1であるという結果 を得ています。

愛知県がんセンター研究所疫学・予防部の田島部長らは、1988年から、病院を訪れたすべての患者さんを対象に、がんとコーヒーの関係について調べています。
この結果、コーヒーを1日に3杯以上飲むグループは直腸がんの発生率が半減するという結果 を得ることができました。
また、上部消化器のがんに関してコーヒーの予防効果が高いことがわかっています。がんにかかる確率を1とすると、男性では食道がんのリスクが0.65に、女性では胃がんのリスクが0.72に下がります。
研究が進むにつれ、コーヒーががんのリスクを軽減するということが次々と明らかになってきています。
(社団法人 全日本コーヒー協会発行の冊子より)

0

合計金額 : ¥0

会員の登録、登録情報の変更、ご注文の確認と変更など


会員登録


ボリューム満点!チョコチップクッキー


カリカリ食感ナッツ入りチョコレート


ジューシーズ&フルーティーなフルーツグミ




新商品・お買い得情報


※赤字は定休日

買い物ガイド
会員登録・変更はこちら
ご利用案内トップ
 └ご注文方法
 └送料
 └お支払い方法
 └ラッピング
 └よくあるお問い合せ
 └お問い合せフォーム
 └FAXでもご注文承ります
 └コーヒーコラム
 └メールマガジン
 └ブルーマウンテン優秀賞受賞
 └雑誌掲載情報



Shop Information : インターネットでのご注文は24時間受け付けております

▼商品の発送について
お届け指定日がある場合は、ご希望に合わせて発送致します。業務用の取り寄せや、品切などで在庫を確保できない場合等、発送・お届けが遅れることがあります。※日曜・祝日は発送お休み

配送日指定可・時間帯指定可


▼送料について
配送業者:ゆうパック(宅急便)
●本州・四国→680円
●北海道・九州→980円
●沖縄→1,550円
※コーヒーまとめ買いにより送料がお得になります。→詳細はこちら


▼プライバシーポリシー
お客様の個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)を、裁判所・警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡、または利用する事は一切ありません。安心してお買い物をお楽しみ下さい。

▼お支払い方法について
クレジットカード決済、代金引換、銀行振込、郵便振込、コンビニ決済、e振
※初回、または合計2万円以上のお買い物の場合は、お支払い方法に制限があります。→詳細はこちら


▼返品について
●商品については万全を期してご用意させていただいておりますが、万一商品が破損・汚損していた場合、またはご注文の商品と異なる場合は、お届け後3日間以内にご連絡下さい。すぐに返品・交換させていただきます(この場合送料は弊社負担)。

●お客様のご都合による(商品の破損・汚損以外)返品はお届けから3日以内にご連絡いただければ返品をお受け致します。この場合の往復の送料・振込手数料はお客様のご負担とさせていただきます。また、コーヒーは性質上返品をお受けできません。→詳細はこちら


▼お問い合わせ受付時間
10:00~19:00(日祝定休日)
お客様から頂いたメールについては必ず2営業日以内にご返信を差し上げております。


会社概要(特定商取引法に基づく表記)個人情報の取扱についてリンク集サイトマップ


いりたて コーヒー豆 通販 パオコーヒー
〒182-0006東京都調布市西つつじヶ丘3-15-2(TEL. 042-488-2850 / FAX. 042-488-4071)
Copyright (C) 1999-2015 PaoCoffee All Rights Reserved.