新鮮なコーヒー豆を全国へお届けする自家焙煎珈琲豆店パオコーヒーの通販サイト

トップページ新規会員登録マイページご利用案内買い物かごを見る
いりたてコーヒー豆通販パオコーヒー

200g、1kg単位のコーヒー豆2,000円以上お買い上げで本州・四国へのお届けが送料無料!



HOME > コーヒーコラム > コーヒーで糖尿病予防の関連コラム2


G20大阪サミットの開催に伴い、6/27(木)~30(日)の期間、大阪市内を中心に大規模な交通規制が実施されるため、近畿地方へのお届けに2~3日程度の遅れが生じることが見込まれます。

激安!マイルドブレンド大人気 イタリアンブレンドがお得!グルメなエチオピア・モカ・イルガチェフェがセール中!

夏季限定アイスコーヒーブレンド オリジナル・リキッドアイスコーヒー・純こく


【コーヒーで糖尿病予防の関連コラム】


世界中で注目される糖尿病とコーヒーの関係

生活習慣に起因する糖尿病は「2型糖尿病」といわれるものですが、近年、この2型糖尿病の予防に効果 的としてコーヒーが注目を集め、世界各国から相次いで「コーヒーに2型糖尿病を予防する効果 あり」という報告がされています。

世界に先駆けて大規模な調査結果を発表したのは、オランダのDr.vanDamらです。1万7111人の男女を対象とし、平均で約7年間にわたり追跡した結果 、「1日に7杯以上コーヒーを摂取する人では、1日2杯以下の人に比べ、2型糖尿病の危険度が2分の1になる」という報告をしています。

また、フィンランド国立公衆衛生研究所が行った大規模な調査では、
1)1日3~4杯のコーヒーを飲んだ場合、飲まない人に比べ、女性で29%、男性で27%糖尿病にかかる率が減少
2)1日10杯以上飲んだ場合は、女性で79%、男性で55%の減少
という結果が出ています。

これらのほかにも、アメリカやスウェーデン、日本などの各国で、コーヒーの2型糖尿病予防効果 について「効果あり」という研究結果の報告がされています。

糖尿病は、糖分をエネルギーに変えるためのホルモンであるインスリンの分泌や働きが悪くなる病気です。コーヒーが糖尿病予防に効果 がある理由として、コーヒーに含まれているクロロゲン酸が血糖値の抑制に関わっている可能性が指摘されています。
(社団法人 全日本コーヒー協会発行の冊子より)



コーヒー5杯でリスク約4割低下

九州大学大学院医学研究院予防医学分野の古野教授らは、コーヒーを飲む習慣と糖尿病の関係について、調査を行っています。協力してもらったのは、退職時の検診を受けた男性自衛官4736人です。

2型糖尿病が発症する「相対危険度」はコーヒーを飲まない人を1とすると、1日に1~2杯飲む人は0.72となりました。3~4杯では0.67、5杯以上飲む人は0.64でした。
コーヒー5杯で、糖尿病になるリスクが約4割も低下するという結果を得ることができました。

また、虎の門病院内分泌代謝科(当時)の野田部長らは、東京都葛飾区民の健康診断に際し、コーヒーを飲む習慣と糖尿病について調べています。対象となったのは、糖尿病と診断を受けていない40歳と50歳の男女です。
この調査では、コーヒーを飲む回数が「週5回以上」の人は、「週1回未満」の人に比べて、2型糖尿病を発症するリスクが約半分だったという結果 が出ています。

また興味深いことに、このような結果が得られたのはコーヒーの飲む習慣がある人だけで、紅茶やウーロン茶では、こうした傾向は見られなかったと報告されています。
(社団法人 全日本コーヒー協会発行の冊子より)



クロロゲン酸が血糖値を抑制する

熊本県立大学環境共生学部食健康環境学科の奥田教授らは、ラットを使った実験で、糖尿病とコーヒーの関係について調べています。
実験では、ラットに麦芽糖(水あめの主成分)とコーヒー豆の抽出物を同時に与えた場合と、麦芽糖だけを与えた場合で、血糖値の変化を調べていますが、コーヒーが血糖値の抑制に効果 的に働いているという結果を得ています。

またこの実験では、コーヒーの主成分であるクロロゲン酸と血糖値の関係も調べており、クロロゲン酸が効果 的に血糖値を抑制するという結果も得ています。

糖尿病は、うまくコントロールしないと心臓が悪くなったり、目が悪くなったり、腎臓が悪くなったり、合併症がとてもやっかいな病気です。運動やウエイトコントロールとともに、コーヒータイムを糖尿病予防に役立ててください。
(社団法人 全日本コーヒー協会発行の冊子より)



インスリンの働きをよくするマグネシウム

血液中のマグネシウム濃度が低かったり、マグネシウムの摂取量が低かったりすると、糖尿病を発症しやすくなることが知られています。

コーヒーには、お茶類に比べて何杯ものマグネシウムが含まれています。コーヒーに血糖値を下げる作用があるのは、マグネシウムがインスリンの働きをよくし、糖の代謝に関係している可能性があります。
ただし、コーヒーに含まれるマグネシウムは1日の必要量を充たすほどには多くありません。コーヒーの飲むだけでなく、マグネシウムが多く含まれる食品を普段の食生活に取り入れるようにしたいところです。
マグネシウムを多く含む食品は、海苔やワカメ、煮干し、豆類などがあげられます。どれも日本の食生活に欠かせないものばかりですね。
(社団法人 全日本コーヒー協会発行の冊子より)

0

合計金額 : ¥0

会員の登録、登録情報の変更、ご注文の確認と変更など


会員登録


ネスプレッソ互換カプセル・カフェベラーニ


イタリアで人気の一口ウエハース


さくさく軽い、コーヒーに合うお菓子


ジューシーズ&フルーティーなフルーツグミ




新商品・お買い得情報


※赤字は定休日

買い物ガイド
会員登録・変更はこちら
ご利用案内トップ
 └ご注文方法
 └送料
 └お支払い方法
 └ラッピング
 └よくあるお問い合せ
 └お問い合せフォーム
 └FAXでもご注文承ります
 └コーヒーコラム
 └メールマガジン
 └ブルーマウンテン優秀賞受賞
 └雑誌掲載情報



Shop Information : インターネットでのご注文は24時間受け付けております

▼商品の発送について
お届け指定日がある場合は、ご希望に合わせて発送致します。業務用の取り寄せや、品切などで在庫を確保できない場合等、発送・お届けが遅れることがあります。※日曜・祝日は発送お休み

配送日指定可・時間帯指定可


▼送料について
配送業者:ゆうパック(宅急便)
●本州・四国→680円
●北海道・九州→980円
●沖縄→1,550円
※コーヒーまとめ買いにより送料がお得になります。→詳細はこちら


▼プライバシーポリシー
お客様の個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)を、裁判所・警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡、または利用する事は一切ありません。安心してお買い物をお楽しみ下さい。

▼お支払い方法について
クレジットカード決済、代金引換、銀行振込、郵便振込、コンビニ決済、e振
※初回、または合計2万円以上のお買い物の場合は、お支払い方法に制限があります。→詳細はこちら


▼返品について
●商品については万全を期してご用意させていただいておりますが、万一商品が破損・汚損していた場合、またはご注文の商品と異なる場合は、お届け後3日間以内にご連絡下さい。すぐに返品・交換させていただきます(この場合送料は弊社負担)。

●お客様のご都合による(商品の破損・汚損以外)返品はお届けから3日以内にご連絡いただければ返品をお受け致します。この場合の往復の送料・振込手数料はお客様のご負担とさせていただきます。また、コーヒーは性質上返品をお受けできません。→詳細はこちら


▼お問い合わせ受付時間
10:00~19:00(日祝定休日)
お客様から頂いたメールについては必ず2営業日以内にご返信を差し上げております。


会社概要(特定商取引法に基づく表記)個人情報の取扱についてリンク集サイトマップ


いりたて コーヒー豆 通販 パオコーヒー
〒182-0006東京都調布市西つつじヶ丘3-15-2(TEL. 042-488-2850 / FAX. 042-488-4071)
Copyright (C) 1999-2015 PaoCoffee All Rights Reserved.